アタルは当犬舎で一番小ぶりな男の子です。

コートの色は赤みが強くてマホガニーレッドと言っても良いと思います。

一口にダックスフンドのカラーでレッドと言っても

見た目も様々で、全部をひとまとめにレッドと呼ぶにはちょっと無理があるといえば

あるような気もします。

オリジアスカゴシマでは、血統証の申請時全てレッドとして申請しています。

もちろんブラックタンの場合は、ブラックタンとして申請しますが

その他のレッドのバリエーションの場合は全てレッドとしてます。

その理由は、子犬のうちに将来的なカラーを完全に把握するのは難しい

という点です。

子犬のうちに黒い差毛が多くある子はシェイテッドレッドとかにしても良いかなと

思うのですが、今までの経験上成長に伴って、特に女の子はヒートや出産で

かなりコートが抜けてしまうことが多いので結果的に黒い差毛が

ほとんどなくなってしまう場合も多くて、後あとに誤解などが生じないように

オリジアスカゴシマでは、全てレッドとして申請しています。