今日は、午前中にワクチン接種に行ってきました。

基本的に犬舎では5種ワクチンがメインなので、5種を。

通常の生活をしている場合、5種ワクチンで十分だと思います。

もちろん8種、9種とありますので、そちらのほうが良いといえば

良いのかもしれませんが、メインのパルボとジステンバーを

しっかりと防いでもらえれば、まぁなんとか対処の方法はありますし

子犬のうちに9種ってちょっと負担が大きい気がします。

たまに、ワクチンは絶対ダメ派の方がいらっしゃますが

そんなことは、私は思っていません、やはりワクチンで病気が

入るのを防ぐという考え方は必要だと思いますし、ワクチンが必要ないと

おっしゃる方は、ワクチンで防げる病気で犬を亡くしたことが無いか

ワクチンで犬を亡くした、もしくは危ないことがあった・・・。

かのどちらかかと思います。

できればワクチンは私も打ちたくないですが、もしものリスクを考えると

接種は必要だと思います。

ただ、毎年決まって、狂犬病のワクチンを接種するのも

また、5種や9種等の混合ワクチン等を接種するのも

2年から3年に一度で良いと思っています。

随分昔から海外では3年に1度のペースで良いというのが

通例になってるいるようですし、できればアレルギーのショック等のリスクを

考えれば打つ回数を減らすほうが犬への負担が少なくなるので

良いと思っています。

個人個人でみなさま考え方があると思うので、どの考え方が正しい

ってのは無いと思うのですが、みなさんそれぞれでちょっと調べてみたり

かかりつけの先生に聴いたりしてみて、1度ワクチンについて

考えてみるといいと思います。