つい先日、ネットで犬関連の記事を見ていると
飼い犬の、穴掘りをやめさせたいという、ご相談の記事をよんだのですが・・。

これがその記事なんですけど。

犬の穴掘りをやめさせたい。 | 犬の困った行動を解決する30のしつけ方

屋外で飼っていると、犬の穴掘りに困らせられる飼い主も多いことでしょう。
犬小屋の周りは穴だらけ。
なぜそんなに穴を掘るのが好きなのかと思います。
餌を保管するために穴を掘る本能的な行動の一面もありますが、やはり多くの場合は、単に「暇つぶし」が原因です。
「穴を掘ってはいけません!」と怒ったりしつけたりしたいところですが、待ってください。
たしかに穴を掘る犬もいけませんが、本当の原因は少し異なるようです。

犬が退屈になるほど、飼い主は接する機会や時間が少ないのが、本当の原因ではないでしょうか。
屋外で飼っていると、リードで縛られ、行動を制限されます。

屋外だからこそ、飼い主と触れる時間が少なくなり、退屈を感じやすくなります。

その結果、ストレスをためて「暇つぶしに穴を掘ってみるか」と思い、意味のない穴を掘り始めます。

穴を掘れば天罰を与えるという天罰方式で、無理にしつけることも可能ですが、あまりおすすめできません。
しつけて穴掘りをやめさせると、犬は余計にストレスがたまるからです。

穴掘りは、犬が暇を持て余している証拠です。

では、どうすればいいのでしょうか。
飼い主は、犬が退屈にならないほど、接する機会や時間を増やしていきましょう。
もし、外出し、相手にする時間が短いときは、せめて犬が1人でも遊べるおもちゃを犬小屋のそばに置いておくといいでしょう。
1人でもうまく暇がつぶせ、ストレスを解消できるような環境を作ってあげましょう。

犬は穴を掘る暇も時間もなくなり、穴掘りは自然となくなるはずです。
ただし、十分に犬の面倒を見てやっているにもかかわらず、穴掘りをやめない場合は、癖になっていることが考えられます。
そういうときは、犬小屋の下に大きな木の板を強いて、穴を掘りたくても掘れないように、矯正していきましょう。

という記事だったんですが、

思うに超大型犬でも室内で飼われている方が多い時代に
まず、屋外で飼われているということが いかがなものかと。

で、この記事にも書かれているように、どうしようもなく暇を持て余して
しまって、あるいは寂しくて 気晴らしで 穴を掘ったり、
問題行動を起こしているのだと思います。

以前にも書いたことがありますが、屋外飼いは、やはり せつないですよ。

室内飼いはどれだけ構ってあげられなくても、一日数時間は人間と触れ合っていられるんです。
人よっても長い方もいれば、短い方もいるでしょうが、それでも
数時間はコミュニケーションが取れると思うんですよ。

一方、屋外飼いはどうでしょうか?
飼い主さんが、どれだけ長く遊んであげたとか。構っていると言っても
散歩している時間とか、おエサを上げている時間とかくらいじゃないでしょうか?

飼い始めは散歩もみんなで代わる代わる家族で行ったりするでしょう
でも、数ヶ月たち、1年経ち、2年経ち仔犬が欲しいと言っていた
子供たちも大きくなって、散歩にも行かなくなり、だれも 構ってあげなくなった
屋外飼いの犬たちは、どうでしょう?

おエサをもらう 1日24時間のうちで数秒しか 人間と関わる時間が無いとしたら
言い方は悪いですけど、犬にとっては地獄ですよ。

犬は人間が大好きです、ほんとうに人間が好きなんです、飼い主様が
大好きなんですよ。

大好きな飼い主さんと、会えるのを 1日待って おエサをもらう時の
数秒顔を見るだけ。って。

犬は人間の6~7倍年を取るのが早いんですよ。

犬の1日は人間の6日だとしたら、6日に1度だけ
おエサをもらうためだけに、生きているということになりますよ。
それも数秒‥人間時間換算でも1~2分程度でしょう。

なので、よほどの理由がない限りは室内飼いしてもらいたいです。

ということで、穴を掘るから なんだよって、あなたが掘らせてるんだよ、
構ってくださいってメッセージでしょ?

と思った という話でした・・・。