今日は犬用のお薬のお話です。

犬の薬といえばみなさん毎年動物病院でフィラリアのお薬とか

ノミダニ用のフロントラインとか、レボリューションとか

いろいろと使っていると思います。

ほとんどの方が動物病院で体重を測ってもらって

体重に合う量のお薬を処方してもらっていると思います。

動物病院で調合とか処方とかしてもらうような

液体の飲み薬とかは、ちょっと無理だと思いますけど

一般にも市販されているようなタイプの

錠剤のお薬とか、フィラリアのお薬のお肉みたいなやつとか

フロントラインや、レボリューションのようなスポットタイプの

お薬とかは、体重の計算さえ間違えなければ

大型犬のものを小型犬に使っても成分が同じのものが

ほとんどですので、大型犬用を小型犬の体重で割ってあげれば

その回数だけ、使用できるということになります。

たとえば60キロ目安の大型犬用の錠剤があったとして

10等分に割れば 6キロのワンちゃんなら

10回分ですから、

フィラリアのお薬とかも 大型犬用一回分で

一年分あるくらいの計算になります。

まぁ、愛犬が1頭か2頭のお宅ではあまり関係ないというか

意識する必要もないかもしれませんが、

多頭飼いの4頭とか5頭とか居るようなお宅では

一頭一頭それぞれだと、お薬代もかなりかかりますから

ちょっと考えてみるのもいいかも知れません。

大量にお薬が必要だとやっぱり考えてしまいますよね

大型犬用と言っても小型犬用の倍くらいしか金額は

どのくすりも変わりませんから、費用は大体

どのお薬でも5分の1くらいにはなるような気がします。

たまに、成分の違うお薬もありますので、ネットなどで

成分を確認してもらって、同じたと確認できたら使ってみてもいいかと思います。

うちでは、こちらのペット薬の通販を使ってます。

お気に入りに入れておくと便利ですよ^^
‘ペットくすり通販’