犬をはじめとしたペットに、ケガや病気など万が一の事態があったときに備えて、ペット専用の保険に加入するケースが増えてきています。少し前までは馴染みの薄かったペット専用の保険ですが、近年のペットを取り巻く医療環境の変化と共に、ペット保険のシステムそのものが整ってきたのが背景にあります。

ペット保険に加入する理由

人の場合だと、ケガ・病気にあったとき、健康保険によって支払う医療費の額を抑えることが可能ですが、ペットの場合はそういった制度で守られていないので、飼い主の全額自己負担となります。

医療の進歩と共に、人もペットも寿命は延びているのですが、それに伴って医療費の額も上昇傾向です。特に外科手術・入院となるとより高額なものとなり、家計を強く圧迫します。こうした事態を避け、安心してペットと過ごすためにも、ペット専用の保険に加入するという方が増えてきています。

ペット保険のシステムについて

ペット専用の保険は大きく2つの種類に分けることができます。

ひとつは人の健康保険と同じように、一定の割合の医療費を負担する定率保障タイプの保険と、予め決めた限度額の範囲内であれば全額を支払ってもらえる実額保障タイプです。全額支払いが適用される分、実額保障タイプの掛け金が若干高い傾向にありますが、保険の対象となる症状の範囲は保険を扱う会社により様々なので、内容の確認が必要になります。

ペット保険を扱う会社について

保険扱う会社も2種類に分けることができます。損害保険会社は、金融庁の認可のもとで保険営業を行っている会社で金額・保障期間も安定しているところが多いです。もうひとつの小額短期保険会社については、保障期間は短いのですが、その分金額が低めに設定されているので加入がしやすいのが特徴となります。

こうしたペット保険に関するご相談も当犬舎では受け付けています。当犬舎ではミニチュアダックス・カニンヘンダックスの子犬を専門に取り扱っております。原産国ドイツの純血に拘ったミニチュアダックスの子犬たちです。価格や予約、ミニチュアダックスの育て方など、その他気になったことがありましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。