犬舎・責任者

Home » 犬舎紹介 » 犬舎・責任者

犬舎 オリジアスカゴシマ

少し聞きなれないネーミングですが、是非覚えていただければと思います。

名前の由来・・・・自然に恵まれた犬舎ということでこの名前をつけました。
オリジアスとは田んぼのあぜ道や水路に生きる生き物ということですが正しくはラテン語で稲を意味します。
ちなみに、日本のメダカの学名も同じオリジアスです。

犬舎の隣には大きな河川が流れており、絶好の散歩コースになっています。 一年を通じて気持ちの良い風が犬舎全体に流れています。

犬舎には、運動場が2面あり一面は犬舎前の庭程度ですが、何頭かで遊ばせたりドッグショーに出す子達を訓練するときに使っています。
もう一面は40坪ほどの運動場で、小型犬のダックス達が全力でグルグル走りまわっています。

当犬舎では、ドイツ純血系のダックスを専門にブリーディングしていて色素のしっかりした健全なカニンヘンダックス、ミニチュアダックスの作出に努めています。
また当犬舎の親達はドイツチャンピオン、ワールドチャンピオン、ヨーロッパチャンピオン、世界ランキングナンバーワンなどに輝いた世界レベルの名犬達の系統です。

原産国ドイツの正統派ダックスの美しさ、賢さ、強健さを知り誰よりも私が魅せられています。きっと誰が見ても振り返らずにはいられない美しさとオーラを皆様にもお届けできると思います。

about02
事業所名oryzias kagoshima
動物取扱業登録 登録番号姶衛環第11号の7
動物取扱責任者神田 浩一
所在地〒899-5411 鹿児島県姶良市鍋倉59-2
電話050-1360-2452
FAX050-1360-2452
携帯090-4510-9819

責任者

かんだ こういち
物心ついた頃からありとあらゆる動物に触れ合って暮らしていました。
最初のダックスとの出会いはスムースのブラックタン。
水の生き物も好きで、釣りを楽しむこともあります。
  • 地元の企業を退職後、1996年、ペットショップ(最初は熱帯魚がメイン!)をオープンさせる。

  • 最初のドイツダックスのウノとの出会い。

  • 最初にオープンした店舗から鹿児島市内の別の広い店舗へ移転。

  • ダックスの頭数が増えてきたので十分な日光浴や運動をさせるスペースを確保するため、出身地の姶良市へ移転。

  • その後、とても尊敬する師匠のもと、個体識別や疾患に関する検査などの大切さを学びブリーダーとしての力をつける。

  • 今は伝説となった北九州ダックスフンドクラブの役員、代表を歴任。
    その時、実力のあるブリーダー、ハンドラー達と運命的な出会いを果たす。

  • ”日本最大最高のドッグショージャパンインーナショナルドックショー2010”に参戦!
    オリジアスカゴシマ生まれのマグが管理人のハンドリングにて見事アワードオブメリットを受賞!

そして、みなさまのご支援を頂きながら現在に至っております。

たくさんのお客様や、ご指導を下さる諸先輩方のお力のおかげでブリーダーという仕事を楽しみながら続けることができております。

特にお客様の励ましやお手紙などを頂いたときは本当に嬉しいです。
明日からも元気に活動するぞ!という源になります。

これからも精進して参りますので”オリジアスカゴシマ”、応援よろしくお願いします。

Scroll to Top